旧DarkXMCureルール

旧DarkXMCureルール

別記事で改訂ルールに合わせた記事を作成しました。

https://dotingress.com/2018/03/13/195611/
上記が改定後のルールに関する記事です。

以下の内容は改定前の内容であるため参考になさらないでください。

先日、ダークエックスエムの脅威と対処法~DARK XM THREAT AND RESPONSE~という文章が開示されました。

これによると、NIA(国家情報局作戦部隊)はダークXMなる未知の物質に関する情報を欲しがっているらしく、エージェントにその協力を要請してきました。

DarkXMCureとは

01_darkxmcure_ver0313-2

これはIngressの公式イベントです。期間は2018年3月17日〜4月7日(世界標準時)。

未知の物質「ダークXM」の調査およびそれを悪用しようとする身勝手な技術者の行動阻止のためにエージェントはNIAに協力することになりました。中立ポータル(白ポータル)はダークXMに対して非常に弱い性質を持つことから、中立ポータルをなくすのが最大の目的です。また、複数の都市にて「ハイパーノヴァ」を形成したり長距離リンクを渡す等のイベントも行います。そして最後に福岡にて身勝手な技術者との対決が待っています。

このDarkXMCureは陣営間の争いが主目的ではなく、あくまでポータルをダークXMから守るのが狙いです。

DarkXMCureにおけるNIAの調査・研究に対して、より貢献した陣営にはポイントや補給用ポータルが与えられます。また、総合評価で勝利した場合には次回のアノマリー情報の開示や、特別なパスコードも貰えることがわかっています。

DarkXMCureのルール

本記事は基本的に公式文書その和訳に基づいています。

02_darkxmcurerules_sogo_ver0313-1

ルールの詳細に関しては変更になる可能性もあり、和訳・解釈の間違い・表現の誤謬等の可能性があります。必ずオフィシャルな文章を再優先にしてください。だいぶ端折っていますので。

参加方法

特にありません。レベル制限もありません。
どのオペレーションをするかどうかまで全部自由です。

グローバルオペレーション

03_darkxmcurerules_globaloperation_ver0313

やりかたは最も簡単で、全世界の中立ポータル(白ポータル)をすべてキャプチャしようというものです。白いポータルを見つけたら必ずレゾネータを入れて自軍の色にしましょう。対象ポータルは全世界です。アノマリーのクラスター戦と異なり特定の地域だけを染めることはしません。
期間中にはどちらのポータルが多いかの計測が毎週土曜に4回行われます。

このイベントの最大の特徴は手軽さ。どこかに遠出する必要なく、自分の近所のポータルを保守していればそれでイベントに参加したことになるのです。
計測時間は土曜〜日曜にかけての午前3時頃。この時間の前後どこかで計測されることがわかっています。

フェイズ1

04_darkxmcurerules_phase1_ver0312
グローバルオペレーションとは異なり、こちらはガチ勢向けと言っていいでしょう。フェイズ1は前半の2週を使ったリンク合戦。よく「ハイパーノヴァ」と呼ばれるものです。特定のポータルに集中してリンクする様子から来ています。

まず緑と青それぞれに都市が割り当てられます。担当する都市においては、ノヴァの起点となる特定のポータルと計測時間帯が示されます。次に各陣営は担当する都市でハイパーのヴァを行い50本以上のリンクを計測させれば1ポイントとなります。

これはオペレーション毎、つまり1つの都市につき1ポイントとなっています。より多くの都市でオペレーションを成功させましょう。

もしもノヴァが100本以上となった場合には、それに応じてその都市に「補給用ポータル」と呼ばれるものが出現するとあります。どういうものなのかは不明ですが、通常よりも多くアイテムが出るはずです。

フェイズ2

05_darkxmcurerules_phase2_ver0312
再び52都市をつかったバトルです。今度は特定のポータル間のリンクを成功させるイベント。ただしフェイズ2は特殊で、フェイズ1で勝利しないとイベント自体が発生しない仕組みです。

例えば、仮に名古屋で緑がハイパーのヴァ50本を成功させた場合、それに対応する都市が広島であったならばフェイズ2が広島に発生するのです。52都市は相互にフェイズ1の情報源とフェイズ2の開催先となっていると言えます。端的に言うと、フェイズ1の成功数だけしかフェイズ2は行えないのです。

そのフェイズ2の難易度は比較的高いものとなっています。平均数百キロのポータル間を計測時間にリンクさせて置かなければいけないからです。

計測時間の振り幅は5分となっていますが、その5分の間のどのタイミングで計測するかは不明であるため、必ず5分間死守しないといけません。

都市の決定に関して

都市の情報やそのポータル・時間帯等は「ヴァンガード」と呼ばれる人々によって管理されています。彼らもまたエージェントですが、特別な任務を負った人々です。彼らの活躍があってこそのイベントと言っていいでしょう。

計測(メジャーメント)について

各オペレーションにおける正確な計測時刻を事前に知ることはできません。例えばフェイズ2の「5分」とは「計測時刻を含んだ5分間」という意味です。

例えば、3時00分〜3時05分が計測時間帯と記されたならばその間のある瞬間だけ計測されます。仮に3時01分10秒が計測時間だとしたら、3時02分00秒にリンクが完了してもポイントにはなりません。事前にその時刻がわからない以上、記された時間帯をフルにリンクしなければならないのです。

XM Festival

先日急に開催が決まった福岡のXMFestivalですが、それもこのDarkXMCureに関わっています。フェスで行われるシャードバトルによってダークXMを利用する技術者の研究を阻害します。

このシャードバトルでよりNIAの研究に貢献した陣営には2ポイント加算されます。

振り返って

様々なご意見をいただき大幅に修正しました。ありがとうございます。

陣営の争いに終止しがちなイベントですが、実際は「ダークXMとそれを利用している謎の技術者」に対抗するのが真の狙いです。相手陣営を妨害するよりもより自陣営のオペレーション成功に尽力するのが得策です。

(2018/3/12) 一覧画像にあるフェイズ2の部分を修正しました。
(2018/3/13) イベント及びグローバルオペレーションの趣旨を大幅に修正しました。特に「中立ポータルをキャプチャしダークXMに対抗する」ことを目的とし、陣営間の競争の優先順位を下げました。
(2018/3/13) 公式文書が改定されたため、それに沿う形で記事中文章も改定しました。

ingress KnowHowカテゴリの最新記事