#DarkXMCure : Day2が開始間近。予想される時間帯に独自のオペレーションをしてみよう

#DarkXMCure : Day2が開始間近。予想される時間帯に独自のオペレーションをしてみよう

明日、土曜から日曜にかけてはDarkXMCureのDay2です。
先週のDay1では、日本時間の土曜16時頃にフェイズ1の第1回目の計測(M1)があり、その日の27時にはグローバルの計測がありました。結果、ENLがグローバルとフェイズ1を9個、RESがフェイズ1を11個獲得しました。

スコアはこちらが見やすいかと思います。(お前の記事の存在意義はどこへ)

Day1でわかったグローバルの脅威

Day2はDay1に引き続き26都市でのノヴァ合戦とグローバルでの白ポつぶしです。

都市戦に関してはヴァンガードを経由した極秘情報に頼るしかありませんが、そうでないなら積極的に白になっているポータルを自陣営に染めましょう。特にDay1でわかったとおり、グローバルの5点はとても大きいのです。運の要素が強いですが。

A:保有ポータル数 B:基準値 A-B:差分 勝利陣営
Day1 ENL 1,817,475 1,705,203 112,272 ENL +5
RES 1,866,596 1,797,219 69,377
Day2 ENL ? 1,817,475
RES ? 1,866,596
GlobalOperation 途中経過

Day2の基準値はDay1で両陣営がそれぞれ獲得したポータル保有数です。基準値を上回った際の差分を比較し、どちらがより多くポータルを得たかが大事です。相手陣営を無理に潰すより、普段放置されがちなポータルをより多くキャプチャしたほうが効率よいのがわかりますね。

Day1からわかったメジャーメントの時間帯

Day1はM1〜M3の3段階の計測がありました。日本を含む東アジア圏から始まり、インド・ヨーロッパ、アメリカ大陸と進んでいます。
時差があるためわかりにくいのですが、現地時間でいつ計測が行われたのかを比較すると以下のようになります。

M1 バンコク(タイ) 14時頃
日本 16時頃
M2 レイキャヴィーク(アイスランド) 13時頃
コロンボ(スリランカ) 18時30分頃
M3 ポートランド(アメリカ) 14時頃
ボストン(アメリカ) 16時頃
Phase1 Day1 現地の計測時間

各メジャーメントは世界地図を5〜8時間程度の幅の時差で区切られています。そしてどのメジャーメントでも13〜18時前後のいずれかで一斉に計測されていると言えるでしょう。

つまり、フェイズ1は少なくとも各国における正午過ぎ〜夕方6時頃のどこかで発生していることになります。このスケジュールは過去のアノマリーともほぼ一致するので、次回以降もおなじ時間帯を使うと予想されます。

Day1で生じた情報漏えい

残念なことにDay1ではいくつかの都市がオペレーションを失敗しました。そしてその中の数カ所では事前に情報が漏れていた可能性が示唆されています。

普段のアノマリーとは異なり、今回のオペレーションはオーナメントも灯らない極秘裏扱いです。妨害しづらいのではなく、そもそも妨害することを是としていないのです。なぜならばこれは両陣営における、ダークXMとそれを利用する悪しき研究者への対抗策だから。互いに足を引っ張り合うとポータルネットワークに悪影響を及ぼす可能性があるのです。

情報が伝わらないのにどうやってDay2を愉しめば良いのか

どの都市のどのポータルが計測対象になるかわからないのであれば、知らさせない人にとってはあまりおもしろくないイベントかもしれません。

でも、そんなことはないでしょう。時間帯さえわかっていれば、その間のどこかでノヴァを行えば、間接的にイベントに参加していることになるわけですから。

むしろ該当都市ではないからこそ、好きなようにノヴァや三角を作って良いのです。

例えば、Day1の土曜日には横浜公園にてRESが大規模なノヴァを行いました。もちろんこれは計測の範囲外なのでカウンターの創出にはつながりません。

これは一見すると何の意味もないこと。ですがこのノヴァを作っている裏では本命のノヴァが確かに構築されていました。これらはオーナメントもなく、それだけを見ると本命のノヴァと区別は付きません。相手への陽動という意味もありますが、むしろ同じオペレーションを同じ条件下で行っているという一体感にこそ意味がある気がします。

特にこの時間帯は世界中のAGが注目しています。無関係な都市であっても、DarkXMCureのタグをつけて本命を装ってアピールしたって面白いかもしれないですね。

ingress KnowHowカテゴリの最新記事