#DarkXMCure Phase2第1日目中間発表 ENL:29 RES:45 マジック点灯間近か

#DarkXMCure Phase2第1日目中間発表 ENL:29 RES:45 マジック点灯間近か

Day2phase2score

とにかくやろうぜなDay1。なんとかやりきったDay2。そしてここからが本番のDay3。おっと、既にDay3半ばにしてENLに赤信号が灯っています。

http://investigate.ingress.com/scoreboard-dark-xm-threat-and-response/

DarkXMCure第3週ですが、波乱づくめです。結論を言うとRESが圧勝しています。この結果は3/31の22時現在のものであり、残りのPhase2やグローバルを含まないことを留意してください。

Total Score
ENL RES
29 45
Global Capture
ENL RES
Day1 5 0
Day2 0 5
Day3
Day4
Phase1
ENL RES
Day1 9 11
Day2 13 13
Phase2
ENL RES
Day3 2 16
Day4
XM Festival Fukuoka
7 April

Phase2はRESが全ての都市でリンクを成立させるも、ENLはいまだ1都市のみ

Phase2は2都市のポータル同士を結ぶ長距離リンクというお題です。事前にそれぞれの都市のエージェントには伝わっているとはいえ、極秘裏に2点間を結ぶのはとても大変なのです。なにせキーの移動や間にあるクロスリンクをすべて排除する必要があります。

この難題に対し、RESは現在全てクリア。8本のリンクを計測時間に成立させました。これでRESは合計16ポイントを獲得。一方でENLは台湾のリンク以外は全て落としてしまいました。よって2ポイント。決定的な差となっています。

たった1本のリンクを阻止するために日本が緑に覆われる

日本において、横浜と浜松のポータル同士を結ぶという非常に難しい課題がRESに与えられました。ENLはそれに対して、日本全体を計測予想時間までに覆ってしまうという強引な策で対抗。

結果は日本全体が緑のフィールドに覆われるものの、その少し前にRESによる長距離リンクが成立し、そのまま加点となりました。

RESはPhase2を全てクリアすればマジック点灯

Phase2において、ENLのオペレーションクリア率が非常に悪いのには心が痛いのですが、もう既にRESは勝機が見えている状態です。

現在残っているPhase2のオペレーションが、ENLは17、RESは16。さらにグローバルキャプチャチャレンジ2回と福岡があります。もしもENLがグローバルで全勝しつつ福岡も勝利し、Phase2を両陣営ともに全クリアした場合、

  • ENL: 15(Global) + 22(Phase1) + 36(Phase2) + 2(Fukuoka) = 75
  • RES: 5(Global) + 24(Phase1) + 48(Phase2) = 77

つまり、RESにとってはグローバルを2回落としてもPhase2を残り全てクリアさえすればそれだけで本イベントにおける勝利が決まります。もちろんこのイベントの趣旨は「白ポータルを撲滅してDarkXMの脅威を排除しよう」というものなので、陣営の勝利は二の次ではありますが、それでもアノマリー情報等を得られる恩恵はとても高いでしょう。

ingress Newsカテゴリの最新記事