#DarkXMCure Day3のグローバルキャプチャはRESが勝利

#DarkXMCure Day3のグローバルキャプチャはRESが勝利

Day3globalscore

DarkXMCure3週目。第3回目となるグローバルキャプチャーチャレンジの計測がさきほどおわったようです。なんと今回はRESがキャプチャ数を前回からさらに伸ばし、見事Day3のグローバル戦で勝利しています。結果、ENL:29に対しRES:50と大差をつけています。

http://investigate.ingress.com/scoreboard-dark-xm-threat-and-response/

Total Score
ENL RES
29 50
Global Capture
ENL RES
Day1 5 0
Day2 0 5
Day3 0 5
Day4
Phase1
ENL RES
Day1 9 11
Day2 13 13
Phase2
ENL RES
Day3 2 16
Day4
XM Festival Fukuoka
7 April

グローバルキャプチャの推移

A:保有ポータル数 B:基準値 A-B:差分 勝利陣営
Day1 ENL 1,817,475 1,705,203 112,272 ENL +5
RES 1,866,596 1,797,219 69,377
Day2 ENL 1,798,088 1,817,475 19,387 RES +5
RES 1,912,540 1,866,596 45,944
Day3 ENL 1,824,116 1,798,088 26,028 RES +5
RES 1,944,472 1,912,540 31,932
GlobalOperation 途中経過

ここで注目すべきは陣営ごとの得点ではなく、キャプチャ数の増加の方です。Day3はDay2と比較しておよそ58,000個の白ポータルを確保できています。Day1の基準値からすると、およそ266,000個の白ポータルを塗りつぶしている計算です。

ポータル数は世界中で見れば500万を超え、日本だけでは50万〜60万程度存在すると言われています。単純に考えてこの三週間で日本の半分のポータルが白から別の色に塗り替わったと考えていいでしょう。これはすごいことです。相手を塗り替えるだけではこれは到底成し得ない数値で、普段は白く放置されがちな様々なポータルをエージェントたちが積極的にキャプチャしていった結果と言えます。

本イベントはダークXMに対抗している以上、陣営同士の争いはちょっと置いて考える必要があるようです。

ingress Newsカテゴリの最新記事