Ingress : オシリスシリーズに向けたキャンプイベントの詳細が発表

Ingress : オシリスシリーズに向けたキャンプイベントの詳細が発表

Ingressの数あるイベントの中でも異色の存在であるキャンプイベントの詳細が公開されました。
名称は「OSIRIS EPIPHANY NIGHT」。Epiphany Nightとは「啓示の夜」のことを意味し、明らかに次期ストーリーを意識していますね。

イベント自体はマグナスに紐付いていますが、実質的に次のオシリスシリーズのプレビュー版という扱いでしょうか?ここからIngressの新ストーリーが始まっていると私は思っています。

今回はアメリカとドイツの2箇所で行われ、それぞれ現地時間の5/25〜27にかけて最大3日間を費やしエージェントが課題に取り組みます。従来のスキャナーを使ったバチバチのバトルとは全く異なる本イベントは、Ingressの多様性を表す一面とも言えます。

基本的に誰でも参加できますが、当然現地の言葉を習得していないと辛いことは間違いありません。アノマリーと違って現地のエージェントと数日生活を共にするため、比較的敷居が高いのですが、それだけ内容の濃いものになるはずです。

物理ポータルの制作

本イベントでは、物理的なポータルを制作することを目的としています。エージェントはIngressにおける13のアーキタイプに基づいたグループに分かれ、そのアーキタイプに基づいた独自のポータルを制作します。最終的に制作されたポータルはスキャナー上で本当にポータルとして認識されるようです。

場所と日時

キャンプナバロ
http://events.ingress.com/magnus/osiris/navarro
カルテンベルグ
http://events.ingress.com/magnus/osiris/kaltenberg

開催期間は5/25-27。。最終日は後片付け主体なので、実質初日と二日目がメインとなっています。全3日に渡って参加すればオリジナルグッズも貰えますが、どこか1日だけの参加も可能です。制作したポータルがどうなるかはよくわかっていませんが、福岡のパワーキューブのようにエージェントに譲渡されるかもしれません。

Swag

OSIRIS EPIPHANY NIGHT

もちろん今回も公式グッズやメダルが用意されています。いままでの垢抜けないグッズと比べると明らかに洗練されている印象があります。デザイナーが変わったのでしょうか?内容もとても豪華でカッコいい。

キャンプにてIngressPrimeはお披露目されるのか

一般エージェントにとって最も関心の高いのは次期IngressPrimeのことでしょう。前回のキャンプでもIngressの各種情報が先行して発表されましたし、参加して勝ったチームにはPrimeのベータ版の参加権が与えられることが告げられています。もしかしたらPrimeを実際に使える可能性もあるでしょう。

ingress Newsカテゴリの最新記事