アースデイなので自宅のエアコン掃除をしたよ。地球より財布に優しい活動を応援。

アースデイなので自宅のエアコン掃除をしたよ。地球より財布に優しい活動を応援。
我が家のエアコン
我が家のエアコン

少々遅い報告ですが、4/22の日曜日がアースデイということで我が家の掃除を行いました。アースデイは1970年にアメリカの上院議員が宣言したことで始まったもので、身の回りのことだけでなく地球の環境全体に関心を持ってもらおうと言うのが趣旨だそうです。

そんなアースデイなのに自宅で引きこもってしまったので、意識低いなりに地球環境を考えた結果エアコンの掃除をするという結論に達しました。

きっかけはエアコンからこぼれ落ちるカビ

数週間前、エアコンを試運転させた際に何やらカビのようなものが落ちてきました。ワタぼこりとかそういうちゃちなものではありません。カビです。黒カビ。

風呂場や洗面所付近に発生するのはわかりますが、実はエアコン内部は非常にカビを繁殖させやすい場所だそうです。そのエアコンはもう10年以上何の掃除もしていないおニューな状態。内部がいったいどうなっているのか。

フィンとファン

エアコンの分解図
photo by Fujitsu General

今回行った掃除ですが、熱交換器(フィン)とその下にある送風機(ファン)の二箇所を行いました。全分解なんてことはせず、カバー外して内部を簡単に洗浄するだけ。業者に任させれば隅々まで丁寧にやってもらえるとは思いますが、ずぼらなので大したことはしません。

掃除をする上で最初にやったことは、カビの原因が何処から来ているのかの調査。調べると送風を行うファンの部分にカビが繁殖しやすいとのことです。このファンとは、エアコンの送風口の奥にある回転翼のこと。フィルターの奥ではなく、その下。

ちゃんと掃除するには技術と根気が必要そうなのですが、今回はずぼらに表面のカビを落とすまでです。

カバー等を外してアルカリ電解水で掃除

詳しい工程は端折ります。まず電源系統を切り、次にフィンやファンの周辺のカバーを外します。そして周囲を養生してビニールで液垂れを防止してから掃除。

エアコン周囲に簡単な養生
エアコン周囲に簡単な養生した(この後水分と重さに負けて外れかけたのでより強固にしました)

フィンの部分は市販のスプレーを使用しますが、ファン内部は手入れが簡単なアルカリ電解水を吹き付けるだけにとどめました。

フィルター奥のフィン
フィルター奥のフィン。ここは市販のスプレーのみを使用。

電解水だけではあまり洗浄力がないのではと思っていましたが、そんなことはなく嫌というほどカビが出てきます。こんな感じ。

送風ファン周辺から出てきたカビ
送風ファン周辺から出てきたカビ

以前に洗濯機のカビ取りに酸素系薬剤を使いましたが、その時と同じくらいカビが溢れてきたのです。カビって家庭で簡単に養殖できるんですね。一種のガーデニングかな。

気持ち悪いくらいカビが出てきますが、それでも内部の奥のほうはまだ汚いはずです。本当はファン自体を取り外したほうが楽なのでしょうが今回は面倒なのでやりません。

だいたい30分くらい掃除したら数時間乾燥させて、最後にカバーを取り付けて完了です。大した手間もお金もかかりません。1300円程度で済みました。地球に優しいかはわかりませんが、お財布にはとても優しい。試運転の際にカビがぼとぼと落ちるのはご愛嬌。

地球のことはよくわからないけど清掃する意欲はあるんですよ

ポケモンGoをやっていない私にとって、アースデイのイベントに参加する意義はあまりありませんでした。とはいっても環境に無関心なわけでもなく、身近な場所の掃除・清掃をすることで意思表示をしたかったわけです。

それよりも、こういうイベントとは無関係に都心部でゴミ清掃を自主的に行っている若者のほうをずっと応援しています。

彼らのような行動はほんと賞賛に値するので、自分も近所のゴミ拾いをしていきます。位置ゲーマーが地域を守らないでどうするのか。

レポートカテゴリの最新記事