Ingress: モルフェウスの公式メダルが鹿児島MDに登場。いろめくAG達

Ingress: モルフェウスの公式メダルが鹿児島MDに登場。いろめくAG達

以前から少しお伝えしていたモルフェウス文書を中心とした謎のアナザーストーリー「モルフェウス(またはモーフィアス)」。最初こそ謎の文章やDDを交えて「なんか公式っぽいなー」という印象でした。そこから専用サイトが現れ、公式風のXFイベントまで企画してきたのがつい最近。

現在までに告知されているのは

  • モルフェウス関連のミッションを作る
  • ハイパーノヴァ
  • 巨大CF

また、日本では東京でDDイベントも開催されて、それをストーリー勢が回収し物語を継続させていました。そして鹿児島MDではモルフェウスのDDが行われるという話が立ち上がり、ついに公式イベントにも絡む自体となったのですが。

なんと、MD会場のポータルからモルフェウスのメディアが出現する自体となりました。

メディアをユーザー個人が作ることはできません。少なくともその前例は報告されておらず、つまりメディアが本物ならばモルフェウス文書は公式扱いとなったわけです。

いままでエージェントの間では、公式ではないあくまでもエージェントが勝手に行っている企画としてモルフェウスは認識されていました。ishiraというエージェントが受け取った謎の文書、という体のなんちゃってIngressストーリーだと。

今回の事態を受けてもなおモルフェウスが公式由来かはまだ不明です。そもそもDDの中身や文書自体も、いままでの公式のものとは一線を画していたからです。特にDDは顕著で、東京DDの中身は公式経由で入手が可能な過去の製品でした。しかもちょっと入手難易度の高いレアなもの。明らかにエージェントが独自に用意したといえます。DDといえばそこでしか手に入らない非売品が配られるのが慣例なので、少なくとも東京DDまではエージェントが主体となった非公式のものだったのではと思っています。

おそらく、モルフェウスを企画したエージェントに対し、NIANTICが協力する姿勢を録ったのではないかと思われます。最初から公式イベントだったと考えるには無理がある点が多々あるからです。

現状のモルフェウスは、公式の後ろ盾を持ったユーザー主導の半公式イベント、という感じに捉えています。いずれストーリーが完結して全てが明らかになるでしょう。

ingress Newsカテゴリの最新記事