ラジオIngressSuperNovaStationに、川島さんや櫻木監督らが出演

ラジオIngressSuperNovaStationに、川島さんや櫻木監督らが出演

音楽を聞く人

本日ONAirされた「Ingress Super Nova Station」ではアニメIngressの告知を兼ねて、3名の方がゲストで呼ばれました。櫻木優平監督、石井朋彦プロデューサー、そして我らが川島さん。また、最後は体調不良ながら飛び入り参加で須賀さんも参加されました。アニメの放映が今年10月と差し迫っている最中ですが、どういう話があったのかダイジェストでまとめました。

女性のような風貌なのにキーボード操作が際立っている櫻木監督

オープニングと出現者の紹介が終わって、早速個人へのインタビューが始まりました。スカイウォーカーさんの櫻木監督への第一印象は「女性のような人」らしく、確かに写真を観る限りは中性的すぎる顔立ちです。が、中身はかなりキレッキレみたいですね。

毛虫のボロなどのCGアニメの制作を数多く行っている櫻木監督ですが、職場ではそのキーボード捌きが話題となっているようです。自身もキーボードにはこだわりを持っている石井プロデューサーをして「変態」の領域にあるらしいです。

  • 誤動作防止と高速タイピングの実現のために、不要なキーを外し、ショートカットを多用している
  • 他の人がそのタイピング技術を真似しようとしたが全く追いつけなかった

実際にどのようなキーボードを使っているのか不明ですが、十指以外も使うのはあまり聞きません。高速化・効率化を突き詰めてしまった人が達するキーボード術とはなんかのか、気になります。

アニメは既に4話まで収録が終わっている

アニメIngressの話に入りました。ツイッターにはSHIROBAKOの単語も出ており、こういう話にはSHIROBAKOがもってこいですね。そこで話されたいた内容を抜粋します。

  • アニメは4話まで収録が終わっている(あくまでも収録)
  • エージェントの声優もいる
  • スタッフの中には既にA16になっている人がいる
  • アニメをキッカケにIngressにハマった人もいるらしい
  • (西の方の)食べ物のシーンがある
  • 日本以外にも様々な国が登場し、多国籍なアニメとなる

スタッフや声優の中にもエージェントがいるとのこと。一部は実際のアノマリーの様子をつぶさに観察しているらしく、また実際にエージェントの

主人公マコトは30歳。他の登場人物も年齢層が高め。

徐々にアニメの設定やストーリーに触れていきます。

  • 主人公の一人「マコト」は30歳。職業は「プライベートインベスティゲーター」と「ハッカー」
  • 全体的に深夜アニメらしく登場人物の年齢は高く設定されている
  • それぞれがどのような陣営に属しているかは非公開
  • アニメの劇中にIngressアプリが登場して、それを実際に使う場面がある
  • Ingressの正史ストーリーにもリンクする

主人公マコトの年齢と職業が明らかになったのはこのラジオが初です。PVや立ち絵からはもっと若い印象を持っていたのですが、意外とエージェント層に近いのですね。プライベートインべティゲーターが具体的にどういうことを指すのか不明です。仮面ライダーの職業並に考えておくことにします。

気になったのは劇中でのIngressの扱いです。Ingressという単語がどのような位置づけになるかと思ったら、あっさりとアプリという形で登場するとわかりました。そういえば、Ingressの正規ストーリーの中には「XM」や「アノマリー」等の単語は登場しても、めったにIngressという単語は出てきません。入り組んで複雑で読解力が必要な正史とは異なり、アニメではよりわかりやすく現実のエージェントの視点が中心になるのかもしれません。

台本は陣営毎にある

急遽、体調不良をおして須賀さんが登場しました。自称アニオタである須賀さんいわく「期待大」だとか。

  • アニメの台本は青や緑など、複数の種類がある(何のためかは不明)
  • CGアニメとして映画のようなクオリティ(須賀談)
  • これからInrgessをプレイする人に見てもらえる、既にプレイしている人にも納得してもらえるような作品にしたい

エンディングで、番組内にパスコードを仕込む宣言も

この発言が番組内で注目されると、なんと監督やプロデューサーが「やりましょう」宣言をしていました。確かにアニメとゲームが連動するという言葉から最も連想しやすいのはパスコードの存在ですが、それがトップの二人の判断であっさりきまるのは意外でした。尤も、NIAが全面的に監修しているために実現させることそのものは難しくはないでしょう。

最後は、なんと川島さんをテーマにした曲をDJスカイウォーカーが歌いました。一種のキャラソンですね。

世界初公開の情報もいくつかでて注目されていたラジオでしたが、中々面白かったです。

ingress Newsカテゴリの最新記事