東京湾でグリフハックチャレンジをする猛者たち #GlyphChallenge

東京湾でグリフハックチャレンジをする猛者たち #GlyphChallenge

Ingressのマンスリーグリフハックチャレンジ。この企画は、毎月グリフにちなんだCFアートを作ってGoogle+に投稿する、というものです。7月の題材はAll(六角形)でした。

単純にリンクやCFで六角形を作って投稿すればいいだけの簡単なイベントですが、そこはエージェント。やはり創意工夫を凝らした珠玉の作品が数多く出揃いました。

内側を完全多重で埋めたALLグリフ

まずはこちら

内側にある全てのポータルを使用し、全てのCFが均一な多重となった完全多重だけで作られたCFアートです。気軽に作れそうですが、キーの管理や手順を全員がしっかり把握していないと成立しない高度な技法を駆使しています。

紫陽花をイメージしたアート

こちらはよりアーティスティックなグリフアートですね。梅雨明けでどこの紫陽花も枯れているのですが、マップ上ではしっかり花を咲かせています。

オールを重ねてしまえ

次もユニークなものです。

単純にして明快。ALLをいくつも重ねただけ!でもわかりやすい。労力もそれなりにかかっていますね。

砂丘に描かれた美しいALLグリフ

鳥取といえば砂丘に点在する無数のポータル。それらを使ったとても美しいグリフです。

砂丘をひたすら歩いてこれだけのものを完成させられる労力には完敗です。

鷲を題材にしたグリフ

次はクロスファクションアートです。今までは六角形そのものを工夫した作品が多かったのですが、これはちょっと違います。

なんでも、これが作られたのはフィンランドの有名な詩人「エイノ・レイノ」の誕生日だそうです。その方の作品のひとつからヒントを得て制作されたのがこのアートです。

東京湾でALLグリフ

最後はとにかく巨大なALLグリフ。しかも世界有数のポータル密度を誇る東京近郊で堂々と作られたアートです。

過去いくどもCFに沈んだ東京湾ですが、エージェントは今回も懲りずにがっちりと作ってしまいました。

ingress Newsカテゴリの最新記事